事業内容

日本と世界をつなぐ国際物流のプロフェッショナル集団として、
貨物の受託から積み付け、航空機への搭載までをトータルに担っています。

航空輸出入貨物の受託・積み付け・蔵置・搬出

海外へ送る貨物(輸出貨物)を受け取り、行き先別に貨物を入れる器に積み付け、ラックシステム内にて保管(蔵置)。準備ができた貨物を航空機へ搭載するために送り出す(搬出)までの業務です。海外から送られてくる貨物(輸入貨物)はこの逆で、貨物の入った器を開け、解体した後、行き先や配送を担う会社ごとに貨物を仕分けていきます。

国際郵便(エアメール等)の受託・積み付け・引き渡し

当社では貨物だけでなく、国際郵便の取り扱いも行っています。書類や手紙などが多いため、海外へ送る際は専用の袋にまとめて入っている郵便物を、ジュラルミンと言う特殊な合金で作られた丈夫なコンテナの中に積み付けていく作業が中心となります。貨物と同様、海外から送られてくる郵便物は逆の手順となり、コンテナから取り出し、日本国内の行き先別に仕分けます。

全日空(ANA)国際線フレイター(貨物専用機)の搭降載

貨物専用機に貨物が積み付けられた器(ULD)の積み卸しを行う業務です。貨物の移動に使う「トーイング・トラクター」や、大型の特殊機械(メインデッキローダー/ハイリフトローダー等)を運転・操作しながら作業を進めます。特に搭載を行う際は貨物ごとに違う重さなどに注意し、航空機のバランスを考えながら積み込んでいきます。

航空輸出貨物の保管および書類作成、データ入力

お客様より預かった貨物は、貿易上輸出入許可を得るため関税法上の申告について、現物と書類の記載情報に相違がないか、またその保管方法は適切に実施されているのかを確認。更には、倉庫や航空機周辺で業務を行う担当者へのタイムリーな情報共有など、日本国外へ輸送する航空貨物全てにおいて必要な事務作業です。受け取った貨物ごとに中身や重さが記入された書類をチェックし、パソコンを使ってデータを入力していきます。現場での積み付け作業はこのデータをもとに進み、最終的に飛行機が安全に運航する上で重要な搭載計画など国際物流において非常に重要な役割を担っている業務と言えます。

成田空港内の航空輸出貨物取扱作業の流れ

地域や社会に貢献するグループを目指し、
積極的に事業を拡大しています。

航空貨物分野はもちろんのこと、IT・不動産・介護分野など、時代のニーズに応える多彩な事業を展開。地域や社会に幅広く貢献する企業グループとして、今後もさまざまな事業への進出に取り組んでいきます。

全日空関連会社との人材交流
成田空港の運営全般を担うANA成田エアポートサービス株式会社(NRTAS)をはじめ、全日空関連会社からの人材受け入れを主とした交流を通し、航空貨物の取扱いに求められるニーズの把握や技術の向上に力を注いでいます。
※ANAとの資本関係はありません。
さまざまな賞を受賞!
貨物室のスペースや積み込める重量が限られる航空貨物では、「迅速かつ的確な積み付けができるか」が求められます。当社はこうした技術力を競うコンテストなどで多くの受賞歴があり、取引先からの信頼を獲得しています。
TOP